40代からはじめるエンディングノート-半生の棚卸し、そしてこれから-

エンディングノート 私のこと

いつもありがとうございます。
hanautaセラピスト ゆっきーです。

軽井沢の森にある小さな一軒家サロンにて、
スウェディッシュマッサージの施術をしています。

サロンで過ごす自分のための時間。
その帰り道に、ふとhanauta(ハナウタ)
が溢れてくる。そんな心地良さを感じて
もらえると嬉しいです(^-^)

🌿施術スケジュール・ご相談♪
LINE公式アカウントにて、施術スケジュールを
発信中。お問合せもこちらからどうぞ。

🌿スウェディッシュマッサージとは?

🌿私がセラピストになった理由

🌿心を施す施術



さて今日は、婚活すら飛び越えて、
終活についてのお話です。


30代までの私は、終活なんて
まだまだ無縁だと思っていました。


それが先月4月に40歳になったら、
人生後半に入ったことをじわじわ感じ始め、
急に終活に対する捉え方が変わったんです。


30代までは、
外からの刺激や情報を追い求めて、
スキルを高め、自分の成長度合いに
達成感を抱いていたように思います。


一方、40歳と1ヶ月の
今の私はというと・・・


自分の今あるものを
どうやって生かしていくか、
高めていくか、


周りの人たちの役立につために
自分はどうありたいのかを
考えています。


努力によるスキルアップというよりは、
内に秘めたものを解き開いていこうと
する感覚なのかも。


そんなことをぼんやり考えていた時に
読んでみたいと思ったのがこの本。

エンド・オブ・ライフ、佐々涼子

実は購入してから暫く経っていた本だったんです。

前職で仲良しになった先輩が住む大阪にある
書店にて、店主さんに強く薦められて初めて
買ったノンフィクション本。


その店主さんのお名前は、二村知子さん
フジテレビの人気番組『セブンルール』に
出演されていた方のようでして、
二村さんに本を選んでもらいたい!という
先輩に連れられて入った書店でした。


終末期のあり方を考えるというような内容
だと聞いていたので、この本と向き合いたい
という気持ちが湧き上がらず、
ずっと眠っていました。


それが最近なんとなく読んでみようかなと
いう気持ちになって、読んでみたら・・・


死を迎える本人と家族のあり方に号泣したり、
在宅医療の実情を知ったり、人生を考えさせ
られたり。おすすめしてくださった意味が
分かりました。


この本は私に、自分そして家族の死
というものとどう向き合っていくか
考えるきっかけをくれました。


人生のエンディングを迎えるにあたって
これから先をどう生きていくか。


これからのことを考えるには、まずは
今までの自分の道のりを振り返ってみたい!
そう思ったんです。


自分の半生を振り返るって、相当な時間が
必要ですよね。
これを仮に70代から始めるとなると・・・
その年表は果てしなく長い。
そして今より記憶力や思考力も低下してるはず。


40代の今だからこそ書いていきたいと思える、
自分の人生後半を歩んでいくためのエンディング
ノートってないのかなぁって探してみたんです。


そして私が見つけたのがコレ!
大人のライフログ用ノート/EDiT

エンディングノート

一気に書き終えるんじゃなくて、
10年くらいかけて書いていくことを
想定しているみたいです。

このノート、
とにかくよく考えられているんですよ〜

大人のライフログ用ノート
預貯金の整理から、未来年表づくりまで。人生の折り返し地点で書く、40代からはじめるエンディングノートです。人生前半の棚卸しと後半のプランニングをサポートするコンテンツページがたくさん。いざという時に備える、別冊データノートも付いています。

上の写真の記入例でいうと・・・

◇◇
「私について」
履歴書みたいな項目なんですが、
職歴とか資格をいざ書き出してみると
その時の自分の頑張りを感じる。


「住まいの記録」
住んでいた家の間取りを描いてみると、
その時の暮らしの様子が鮮明になってきて、
懐かしさや家族の温かさが感じられる。


「私の半生年表・未来年表」
今書き進めているところなんですが、
国内外の出来事を調べて書き出したものと
自分の成長過程を照らし合わせてみると、
これがなかなか興味深い。

気持ちの高まりをグラフ化するのも
自分の状態を振り返るのにいいかも。

自分の思っていた入学・卒業時期が
西暦とズレてて何度も修正液の出番が
やってくるけど・・・(^^;

担任の先生の名前が思い出せなかったり、
印象に残っている出来事は大抵、
自分が心から楽しんでいたことだったり。


「日本・世界の白地図」
自分が行ったことのある地域をマーキング
するだけで、その時の思い出が蘇ってくる。
◇◇


もちろん、大切な人へのメッセージや
口座や連絡先を残したりするのも大切な
ことだけど、


今の私には、
この半生年表・未来年表を書き進めていく
こともすごく大事な”じぶん時間”だなぁって
思います。

ということで、今日はこのへんで。
素敵な一日になりますように (*^o^*)
それでは〜♪

🌲🌲
Facebook
友達申請してくださる際には、
メッセージも添えていただけると
嬉しいです(^^)

Instagram
森暮らしで目にした美しい景色や
心地良いひとときを発信しています。

Twitter
買い物がワクワクする!軽井沢のスーパー
ツルヤさんの商品・サービスの素晴らしさ、
時折私の好きなお店も紹介しています。