軽井沢移住で唯一の不便さ解消⁉ ちくま靴店

ちくま靴店 軽井沢の地域情報

いつもありがとうございます。
hanautaセラピスト ゆっきーです。

軽井沢の森にある小さな一軒家サロンにて、
スウェディッシュマッサージの施術をしています。

サロンで過ごす自分のための時間。
その帰り道に、ふとhanauta(ハナウタ)
が溢れてくる。そんな心地良さを感じて
もらえると嬉しいです(^-^)

🌿施術スケジュール・ご相談♪
LINE公式アカウントにて、施術スケジュールを
発信中。お問合せもこちらからどうぞ。

🌿スウェディッシュマッサージとは?

🌿私がセラピストになった理由

🌿心を施す施術




さて、私はたまに
「軽井沢に移住して不便なことってないの?」
という質問をもらいます。


改めて考えてみると、
意外と不便さを感じないんですよねぇ・・・


前提として、
車を運転することはマストです。
軽井沢で車がないと別荘地内では
なかなか暮らしていけません。


最寄り(と言っても歩いて数十分)のバス停は
1日5便しかバスが停まりませんし、
最寄りの中軽井沢駅だって
電車は1時間に2本程度。。


それと夜遅くまでお仕事されている方は
お店の閉店時間が早いのは
不便に感じるかもしれませんね。
(ツルヤは20時、コンビニが23時閉店)


あとはそうですねぇ・・・
お酒を飲みに行きたいという方は
遅くまで営業しているお店が少ないので
物足りなさを感じるかもしれません。


ただ、私はこれらの不便さを感じていないので
ほとんど不自由なく暮らしています。


車があれば、近隣市町村にも気軽に行けるので
軽井沢町内に無いモノやサービスは、
車で20~40分ほどかけて近隣市町村まで
足を運びます。


数年前までは軽井沢に100円ショップがない
ことが私にとってはちょっと不便でしたが、
お隣の御代田町のツルヤ近くにセリアができて、
軽井沢町内でもツルハドラッグ内に一部
キャンドゥ コーナーができたので
ちょっとした買い物がとても便利になりました。


肌着はアウトレットや佐久イオンで買えますし、
タイツやストッキングは軽井沢のしまむらで
買ったりもします。


時計の電池交換も軽井沢でできます。
(個人的には、中軽井沢駅の北側にある
カバサワ時計メガネ店のお店の佇まいと
80代くらいの店主のお人柄が好きです)


映画館は、お隣の佐久市に小さくて
アットホームさのあるアムシネマがあります。
(上映されていない作品を観たくなったら
上田や高崎まで足を伸ばします)


じゃあ、何か不便なことってあるのかなぁ…
と思っていたら、ありました!!


それは、靴の修理。


軽井沢の別荘地は未舗装道路も多いので、
ヒールのある靴は
どうしても踵が傷みやすいんです。


ゴムがすり減っていると滑りやすく
なりますし、カツカツと金属が地面に当たる
音がずっとしているのもいやですよね。


これまでは高崎に行ったときに、
ついでに修理してもらいたい靴を持参して
大型量販店の中にある修理屋さんに
お願いしていたのですが、


一昨年、お隣の佐久市で修理してもらえる
お店を発見しました。


それが岩村田商店街近くにある
「ちくま靴店」です。

ちくま靴店で補修を試みてくれている様子

修理をされていたご主人が亡くなられて
奥さん一人で切り盛りされています。


持って行った靴を見ながら、
「これはこうやって修理しますがいいですか?」
とか、時には
「これは私にはできないわ」と潔い返答だったり
「ちょっと試しに外してみてもいいですか?」と
その場で力強く釘を外そうとしてみてくれたり。
80歳くらいだと思いますがすごい力強い手つき

一昨年お願いしたときには、
ヒールの側面も塗りなおしてくれたり
靴も綺麗に磨いてくれました。


一足一足にエネルギーを注いでくれていて、
この人にやってもらえたら靴も喜ぶだろうなぁ
なんて感じます。


専用の釘を使っているピンヒールなどは
手で抜くことが難しいから対応外だったり、
ベージュ系のゴム底の種類が限られていたり
するので、


黒いローファーやパンプスなどの修理を
依頼したい時には良いと思いますよ!


ただ、最近は病院通いもされていたり、
暗くなるとシャッターが閉められなくなる
ということで、臨時休業や早めに店仕舞いする
ことも多いそうなので、行く前に電話して確認
することをおすすめです。


私も3度目ほど電話をしてようやく予定が合い、
お会いすることができました。
(今回は色合い等の問題で修理見送りと
なってしまいましたが…)


アウトレットの中にも靴修理をしてくれる
お店があるようなので、今回はこちらに
行ってみようと思いますが、


今後もできれば、ちくま靴店のお母さんを
頼りたいなぁと思っています。


周りの目を基準とした見栄えの綺麗さよりも、
修理のおかげで注入された想い入れ度合いを
優先した方が自分もその靴を履くと嬉しい
気持ちになるような気がしています。


ちなみに靴はしばらく預けることになるので、
今の時期に春先から使う靴を出すなど
余裕を持ったメンテナンス計画が必要です。


これも、人によっては不便に感じるかも
しれませんが、自分たちがその環境に合わせる
という気持ちでいると全く気になりません。

修理してもらいたい靴たち

そうそう、今回靴のメンテナンスをしたい
と思ったきっかけで改めてその靴を見ると
自分の足の運び方や身体の使い方の偏りを
実感しました。


踵の外側ばかりすり減ったり、
親指の付け根の位置が擦れていたり。
内ももを使うことを意識していこうと
感じるきっかけになりました。


ちょっとしたことでも
色々と気づきがあるものですね。

ということで、今日はこのへんで。
素敵な一週間になりますように (*^o^*)
それでは〜♪

🌲🌲
Facebook
友達申請してくださる際には、
メッセージも添えていただけると
嬉しいです(^^)

Instagram
森暮らしで目にした美しい景色や
心地良いひとときを発信しています。

Twitter
買い物がワクワクする!軽井沢のスーパー
ツルヤさんの商品・サービスの素晴らしさ、
時折私の好きなお店も紹介しています。






コメント