湿気取りは「ちゃんと」カバーしてますか?

軽井沢の森暮らし必需品の湿気とり 軽井沢の暮らし

いつもありがとうございます。
hanautaセラピスト ゆっきーです。

軽井沢の森にある小さな一軒家サロンにて、
スウェディッシュマッサージの施術をしています。

サロンで過ごす自分のための時間。
その帰り道に、ふとhanauta(ハナウタ)
が溢れてくる。そんな心地良さを感じて
もらえると嬉しいです(^-^)

🌿施術スケジュール・ご相談♪
LINE公式アカウントにて、施術スケジュールを
発信中。お問合せもこちらからどうぞ。

🌿スウェディッシュマッサージとは?

🌿私がセラピストになった理由

🌿心を施す施術


さて、軽井沢での森暮らしにおいて、
梅雨の時期は特に湿気との戦いです。


軽井沢は爽やかな高原の風が清々しい!
なんてイメージがあるかもしれませんが、
意外と湿気が多い地域なんです。


旧軽井沢方面は特に湿気が多いので、だからこそ
苔庭や苔むした石積みが美しいんですよね。


そうそう、軽井沢駅周辺は霧も多いですね。
私は駅近くの矢ヶ崎公園の花火大会に初めて
行った時、霧で打ち上げ花火が見えないという
衝撃の光景を目にしました(^◇^;)


音はして、なんとなく空が色付くんですが
肝心の花火は見えない。。こんなことって
あるんですねぇ。


軽井沢は小さな町ですが、場所によって
ずいぶん気象が異なります。


・・・話を戻して、湿気について。
この時期は除湿機が大活躍します。


新しいお家にはルームドライヤーという
室内壁に設置して水分を屋外に排出してくれる
機器が設置されていたりします。


我が家にはそんな優れた機器は無いので、
リサイクルショップで購入した除湿機2台が
活躍しています。


この除湿機は、手ごろな価格と強力な除湿力なので
結構使っている方が多いみたい。

軽井沢の森暮らし必需品の除湿機

3.5Lのビッグタンク!!
この溜まった水が室内に浮遊していたと思うと
恐ろしい…。洗濯物などを部屋干ししていると
満タンになるのも早いです。


一定時間でON-OFFを繰り返してくれるので、
省エネ効果もありますよ。


ただ、唯一の欠点は音。
中古を買うときは要注意ですが、製造年数が
古いとすごい音がします。上の写真は今年
購入した2020年製なので、部屋にいる時に
運転しててもそこまで気になりませんが…


こちらはもう大変。。

軽井沢の森暮らし必需品の除湿機

なんせ2010年製なので11年ものです。私が
軽井沢移住してからずっと活躍してくれています。


今朝タンクを空にして省エネ運転のまま家を出て、
帰宅したらこんなに水分を集めてくれていました。


まだまだ現役なんですが、なんせ音が凄まじい。
寝室は工事現場か!?というほど爆音です。。
なので、外出する時しかONにしません。


そして、
クローゼットの中で活躍しているのがこちら。

軽井沢の森暮らし必需品の湿気とり

種類は色々ありますが、最近カワチ軽井沢店で
3個セット108円で販売しているこちらをよく
買っています。


軽井沢で森暮らしをしている方は大抵こういった
湿気とりがクローゼットに複数個入っています。
我が家もこんな感じ。

軽井沢の森暮らし必需品の湿気取り

クローゼットの奥側にも反対側面にも、上段にも
収納ケースの中にも所狭しと置いています。


湿気とりはいくつあっても重宝することを知って
いる私の母親は、ちょいちょい買っておいて
くれて帰省する度に持たせてくれます(^^)


さてこの湿気取りですが、紙製のカバーが
ついているじゃないですか。


私、ちょっと前まで、このカバーを
ちゃんと販売者の意図を汲み取って、
ちゃんと一個一個型紙から切り離して、
ちゃんとカバーをかけていたんです。


溜まった水を排出して、プラ容器から
紙を切り離して分別して捨てることも
面倒だと思いつつやってますが、

この型紙切り抜き作業も意外と面倒
ですよね・・・。


それで、最近ようやく気づきました。
「べつにカバーつけなくていいじゃん」
と・・・(^◇^;)


以前からそうしてる方にとっては、
「何当たり前のこと言ってんの!?」
って思われると思いますが、


特に何も考えずに、カバーをつけるもの
だと私は思っていたんです。


もちろん、カバーがあると落下物で
紙が破れて水がこぼれることが防げたり
するんだという認識がありました。
だからカバーするべきだと。


でも、未だかつて鋭い落下物が湿気とりに
落ちてきた事なんてありません。


ただただ、用意されているからカバーを
装着するのは当たり前だと思っていたんです。


何が言いたいかというと、
私のこれまで培ってきた「ちゃんとやる」
という性格が表れているなぁと。

「やるべき」という完璧主義的な縛りですね。


自分の心は面倒に感じているけど、
無理している気持ちにフタをして、
ちゃんとやるべきというマイルールを
優先している。


「湿気とりのカバーしなくていいじゃん」
って思った瞬間に、
もっともっと自分がラクになることを
許可してあげられるよなぁと感じました。


分別して捨てることも面倒なので、今後は
これ自体買うのをやめて代用品を探すという
ことになるのかもしれません。


除湿機から始まり、湿気とりの話が飛躍して
しまったかもしれませんが、こんなちっちゃな
出来事でも自分と向き合うことができました。


このブログを読んくださっている人の中にも
もしかしたら私と同じような考えをしている
人もいるかもしれないなぁ〜と思って書いて
みました。

ということで、今日はこのへんで。
素敵な一週間になりますように (*^o^*)
それでは〜♪

🌲🌲
Facebook
友達申請してくださる際には、
メッセージも添えていただけると
嬉しいです(^^)

Instagram
森暮らしで目にした美しい景色や
心地良いひとときを発信しています。

Twitter
買い物がワクワクする!軽井沢のスーパー
ツルヤさんの商品・サービスの素晴らしさ、
時折私の好きなお店も紹介しています。