自分がご機嫌になれちゃう!ちょっとした秘訣

トイレットペーパーを折り畳む 心のこと

いつもありがとうございます。
hanautaセラピスト ゆっきーです。

軽井沢の森にある小さな一軒家サロンにて、
スウェディッシュマッサージの施術をしています。

サロンで過ごす自分のための時間。
その帰り道に、ふとhanauta(ハナウタ)
が溢れてくる。そんな心地良さを感じて
もらえると嬉しいです(^-^)

🌿施術スケジュール・ご相談♪
LINE公式アカウントにて、施術スケジュールを
発信中。お問合せもこちらからどうぞ。

🌿スウェディッシュマッサージとは?

🌿私がセラピストになった理由

🌿心を施す施術


さて、私は自分が心地よい状態でいる
ために「自分のご機嫌をとる」ことを
始めました。


セラピストになるまでの私は、
相手が喜ぶことを優先していたことで
自分が置いてきぼりになっていた状態が
長らく続いていたんです。


セラピストという生き方を見つけてからは
どんな時でも自分を大切にすることを
意識するようになりました。


自分のご機嫌をとるという方法は
大きく分けて2つあって、


1つは、
「気分が上がることを自分にしてあげる」
ということ。


たとえば、
◇お気に入りのアクセサリーを身につける

◇モコモコで可愛い部屋着で過ごす。

◇自分の身体が欲している食材で料理する。

◇ワクワクしながら旅行の計画を立てる。


なんてことも、自分の「ご機嫌とり」になります。


もう1つの方法は、
「自分に許可する」ということ。


たとえば、
◇夜だけどラーメンが食べたい!という
 自分を許す。

◇ちょっと高くても欲しい!と思ったら
 思い切って買っちゃう。

◇家から一歩も出ない日も必要な時間
 だと思う。

◇モヤモヤする気持ちを持っている
 自分を許す。


こんなふうにして、自分を認めて許可してあげる
ことで心が解放されてご機嫌になれたりします。


そして、この2つ目のご機嫌とりをするときに、
更に気持ちが上がっていく秘訣があるんです!


それが、
「ちょっと先の未来にいる自分が喜ぶことを
やってあげる」
というイメージを持つこと。


’ちょっと先’とは、たとえば
1時間後・半日後・翌日・一週間後など。


今の自分が〇〇をすることで、ちょっと先の
未来にいる自分がそれを見たり感じたりして、
喜んでいる姿をイメージしてみるんです。


たとえばさっきの例で言うと、
◇深夜に食べたラーメンのおかげで
 心が満たされている自分。

◇奮発して買った洋服を着て、
 ウキウキ気分で街を歩いている自分。

◇一日中、大好きな家で過ごせたことで
 心が安らいでぐっすり眠れた自分。


こんなふうにイメージしてみて
今の自分が行動に移すことで、


ちょっと先の未来が訪れたそのときには、
過去にやった自分の行動のおかげで
嬉しい気持ちがどんどん湧いてくる。


こんな風に考えると
面白いと思いませんか??


これをもとに私が実践している
小さなことは・・・


最近私は、自宅でトイレを使った後に
トイレットペーパーを三角形に折り畳む
ようになりました!


一人暮らしなので、もちろん
次にトイレを使うのも自分なんですが、


トイレに入って、この折り畳まれたペーパーを
目にすると、過去の自分がやった心配りに
なんだかほっこりするときがあります。
(考え事をしていたり、急いでいるとき
などは特にそう思えます) 


こんな些細なことでも気分が上がっちゃう
ものなんです♪
よかったら参考にしてみてくださいね。

ということで、今日はこのへんで。
素敵な一日になりますように (*^o^*)
それでは〜♪

🌲🌲
Facebook
友達申請してくださる際には、
メッセージも添えていただけると
嬉しいです(^^)

Instagram
森暮らしで目にした美しい景色や
心地良いひとときを発信しています。

Twitter
買い物がワクワクする!軽井沢のスーパー
ツルヤさんの商品・サービスの素晴らしさ、
時折私の好きなお店も紹介しています。